SmartProcessing

SmartProcessing は、現在市販されているモバイルマッピングデータ解析ツールの中で最も先進的なツールです。3D TARGETの道路資産管理プロジェクトの経験から生まれたこのソフトウェアは、複数のセンサーからの入力に対応し、大規模なデータセットを処理できるように進化しています。

主な特長

  • マルチプラットフォームデータのインポートプラグイン
  • 数十億ものポイントの効率的なナビゲーション
  • 高度なAI特徴抽出アルゴリズム
  • 道路アセット管理専用ツール
  • 設定可能なエクスポートフォーマット
  • サードパーティアプリケーション用のAPIとSDKを提供

シンプルで携行は容易

モバイルマッピングシステムは、LiDAR点群や画像の形で、膨大な量の情報を迅速で効率的に収集することができますが、課題はナビゲーションと後処理の工程でしばしば発生します。

SmartProcessing は、複数の数十億もの点群データを持つプロジェクトを開き、瞬時にブラウズできるようデータを整理しています。

お客様のニーズに合わせて開発された専用のAIツールにより、地理空間データベースの設定可能なテーブルの中から重要な特徴や情報を抽出することができます。

すべてのモバイルマッピングシステムに対応しています。

資料を請求

SmartProcessing Core

SmartProcessing は、Windows 10での動作を前提としており、サーバー環境での運用も可能です。ライセンス形態は、ノードロックおよび取り外し可能なフローティングライセンスに対応しています。AIツールには別途ライセンスが必要で、完全にモジュール化されています。ライセンスがない場合は、既に作成されたプロジェクトのビューワーとして動作し、容易な地理空間情報の共有機能を提供します。

  • モバイルマッピングデータのインポート
  • インポートしたサーベイラインを処理するコンテンツマネジャー
  • 点群や画像を効率的にブラウズするプレイヤー
  • 点群の3Dビューワーと校正画像のオーバーレイ表示
  • マニュアルでのカメラボアサイトキャリブレーション
  • 計測ツール
  • GISデータベースでの点群およびポリラインの抽出
  • インターチェンジデータベースでの点群およびポリラインの抽出
  • インターチェンジデータベース編集ツール
  • 異なるインターチェンジデータベースをプロジェクトにリンクする
  • インターチェンジデータベースビューワー
  • インターチェンジデータベースクエリ(フィルタリング、ソート機能付き)

ソフトウェアのスクリーンショット

ツール

  • 道路コードと軸の定義
  • 距離参照サポート
  • 道路設計のリバースエンジニアリング
  • 交差点と道路境界(縁辺部)の抽出
  • 道路標識の自動認識と分類
  • 道路標識をマイルストーンとして使用
  • 完全な幾何学的分析
  • 道路標識の支柱を自動認識
  • 路面表示の自動抽出
  • 抽出された路面表示から道路軸を作成
  • 高度な編集機能
  • 品質評価:反射率、寸法、位置
  • 半自動的な抽出
  • コンクリートおよびスチール製の交通防護柵をサポート
  • 完全な幾何学的解析
  • 品質評価
  • Pavemetrics LCMS (Laser Crack Measurement System)への対応
  • road profilersへの対応
  • 道路の舗装品質インデックスの計算
  • 点群および地図への舗装品質インデックスのオーバーレイ

関連商品

42MPのScanflyカメラ組み込みキット

24MPのScanflyカメラ組み込みキット

Scanflyとパノラマカメラ専用の車両マウントキット

Scanflyへの 60.5MPパノラマカメラ組み込みキット

DJI Matrice 300 RTKと互換性のあるマウントキット

Scanflyの全モデルに対応したバックパックマウント